酢を使った水虫治療

[スポンサード リンク]

私たちが普段家庭内で調味料として使っているお酢には酢酸と言う酸性物質が含まれており、この酢酸には体の調子を整えたり菌を滅すると言った作用があります。

通常お酢は料理の味付けに使うもので食材と一緒に体に摂り入れますが、酢酸が持つアルカリ性物質を分解する働きを利用して掃除に応用することもあります。

酢を使って水虫を治すと言うのも酢の応用方法の一つで、水虫に悩んでいる方で実践されている方は少なくありません。

しかしその実績にはあいまいなものがあり、インターネット検索でヒットした口コミでは「一時的な効果はあるけどすぐに再発する。」とか「酢では皮膚の内部まで浸透しないから病院で処方される薬の方が効果があるに決まっている。」など、酢と医薬品を比べると医薬品の方に軍配が上がっているようです。

それでも水虫に対して酢が全く効果が無いというわけでもなさそうなので、興味がある方は試してみるのも良いかもしれません。

但し酢の刺激臭は相当強烈なものがありますので、他の人の迷惑にならないように気をつけましょう。

水虫の概要

症状

皮膚のただれ、痒み、赤み、水泡、爪の変色などがあります。水虫が慢性化している方は足の裏の皮膚が全体的に硬くなる場合もあるようです。

原因

白癬菌という皮膚が大好きなカビの増殖が原因です。白癬菌は高温多湿を好み、靴を長時間履いている方などは水虫になりやすいと言われています。

また白癬菌は生命力がとても高く、宿っていた皮膚がはがれおちてもしばらくは生き続けているので、水虫になっている方と一緒に生活している方は白癬菌が移りやすくなります。

治療法

主にカビの働きを抑える抗真菌剤を服用したり塗ったりして症状を抑えます。

そしてなるべく水虫になっている部分を蒸れさせないように時々靴を脱ぎ、白癬菌が繁殖しにくい環境を作る事を心掛けるようにしましょう。

自分が他の人に移さないように気をつけることも大事で、それをする事によって他の人からの感染も防げるようにもなります。

予防法
  • 足を蒸れさせないようにする事。
  • 素足で歩きまわらない事。
  • 水虫の人が使った後のもので自分の体を拭かない事。
  • 免疫力を高める為に規則正しい生活をする事。

スポンサード リンク