酢を使ったニキビ治療

[スポンサード リンク]

顔にニキビが出来ると少し触れただけでも痛くなると言う事がありますが、ニキビになっている人の大半の方が抱えている問題点は見た目の印象が悪くなると言う事です。

特に鼻の周りや頬にニキビが出来てしまうと、それだけで顔の印象が変わって見えてしまいますし、不摂生な生活をしていると思われているかもしれません。

痛みもある上に見た目にも悪い印象を持つニキビを治す方法としては、まず肌の状態を確かめてから症状に合った薬を塗ったり服用すると言うのが一般的なのですが、妊娠中の方やある理由で薬の服用を禁じられている方などは別の方法で改善していくしかありません。

そこで色々探してたどり着く治療手段の一つがお酢を使った民間療法で、ちまたでは自然食品を使ったソフトピーリングとも言われています。

やり方は簡単で、お酢を水で20倍程度に希釈したもので洗顔をするか、コットンのようなものに湿らせてパック感覚でピーリングします。

しかしこの方法は医学的に推奨されているものではなく、逆に症状を悪化させてしまう場合もあるようです。

もしこの方法を試す場合には必ずパッチテストを行い、何が起こっても自己責任と言う事を念頭に置いて実行してください。

ニキビの概要

症状

肌の一部が炎症を起こしてプクッと膨れます。

症状の重さは見た目で判断する事が出来、白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビと言う風に白から赤になるにつれて治りにくくなります。

原因

人の体に常駐菌として住んでいるアクネ菌の悪い働きが原因で、ニキビが出来ると言われています。

正常な時のアクネ菌は他の病原菌の侵入を防いだり、肌を健康に保つための役割を担っていますが、毛穴が汚れていたり皮脂が詰まっていると皮脂を好物としているアクネ菌が増殖し、肌トラブルになるような余計な働きをし始めるのです。

治療法

主に塗り薬を使って炎症を抑えたり、増えすぎたアクネ菌を減少させたりします。

日々の生活改善も重要で、今まで良いと思ってやってきた事が実は間違いだったというケースは少なくありません。

信頼できる医師の指導のもと、正しい知識でニキビ改善をするようにしましょう。


スポンサード リンク