酢ムリエとは?

[スポンサード リンク]

酢ムリエというのは国家資格でも民間資格でもなく、国内のお酢メーカーである内堀醸造の内堀光康氏が自称しているもので、特許庁に商標登録されている名称です。

特許庁で酢ムリエを検索をすると、登録番号4769891号に内堀醸造株式会社名義で確かに登録されているのが分かります。

この名称の利用権は内堀醸造さんが持っており、誰でも酢ムリエを名乗って良いわけではありません。もし名乗りたいのであれば正式な許可が必要となるでしょう。

お酢の資格に近い存在のソムリエの資格概要

ソムリエという言葉の意味をよく勘違いされている方がいらっしゃるのですが、ワインの利き酒が出来るのがソムリエと言うではありません。

明確な定義はありませんが、ソムリエはワインを扱うお店のウェイターの延長線上にある職業で、料理に合ったワインを選んだりお客様を心地良い気分にさせる上質な接客が出来る方の事をソムリエと呼びます。

ワインが名産品となっているイタリアでは国家資格になっているほど重要視されている資格です。

日本では社団法人日本ソムリエ協会が認定試験を行っている民間資格にソムリエ資格が存在します。

この資格試験を受ける為にはそれなりの職歴が必要となっており、アルコール飲料を取り扱っている飲食店での勤続年数が5年以上で、今なお飲食店で働いている方に試験受講資格が与えられます。(有料会員の方はこの限りではありません。)

試験難易度は今のところ簡単な部類に入っており、真面目に取り組めばそれなりに合格できそうと言ったところです。


スポンサード リンク