酢をドリンクにして摂取する方法

[スポンサード リンク]

ドリンクタイプの酢は多くのメーカーから販売されており、品数が豊富なので簡単に手に入れる事が出来ます。

市販されているものは飲みやすいようにフルーツが加えられている場合がほとんどで、リンゴ、ゆず、ブルーベリーなどの美容効果が期待できるものが人気を集めているようです。

飲み方は商品ごとに異なりますが、希釈しなければならないと記載されているものは表示されている倍率通りに薄めてから飲むようにしましょう。

1日に飲む適量と言うものもありますので、それを超えないように気をつけて下さい。酢と言うものは飲みすぎるとお腹を壊しやすく、体調不良の原因となりますので注意が必要です。

夏場に最適な酢のドリンク

夏場は暑くて食欲も減退してしまうので、冷たいドリンクでも飲んですっきりしたいものです。そこで夏にピッタリなちょっと甘くて飲みやすい紫蘇(シソ)ドリンクの作り方をご紹介します。

【用意するもの】

  • 赤紫蘇
  • はちみつ
  • リンゴ酢かレモン酢

【作り方】

  • まずは赤紫蘇からエキスを抽出する為に鍋でぐつぐつと煮ます。
  • それから赤紫蘇を取り出して布で包むなどして、しっかりとエキスだけを絞りだします。
  • 灰汁を取り除いてきれいにしたら冷蔵庫に入れて冷やしておきます。
  • 冷たくなったら取り出して、リンゴ酢かレモン酢の希釈に使います。
  • 酸味を少なくする為に適度にハチミツを加えて飲みやすく出来たら完成です。

冬場に最適な酢のドリンク

冬場は体を温める作用のある生姜との相性が良い黒酢ドリンクがオススメです。

用意するものは、

  • 生姜
  • はちみつ
  • 黒酢

です。

生姜は液体になっているものが望ましいですが、冬場に店頭に並んでいるしょうが湯用の粉でもかまいません。

【作り方】

  • まずは水を温めてお湯にして、お湯を使って黒酢を希釈します。
  • 次に生姜汁を少しずつ混ぜていき、ちょうど良い濃さに調整して下さい。
  • 最後にはちみつを加えて飲みやすくすれば完成です。

スポンサード リンク