酢をドレッシングとして摂取する方法

[スポンサード リンク]

お酢の酸味は素材の持つクセを柔らかくして、食べやすい味わいにしてくれます。

野菜を食べる場合、生のままだと青臭くて食べにくかったりしますが、酢と油と醤油などを混ぜ合わせた和風ドレッシングで味付けをする事によって青臭さが紛れ、野菜が苦手な人でもこれなら食べられるという気持ちにさせてくれます。

生魚も同様にお刺身にした時に生臭さが残る場合がありますが、醤油の代わりに酢と油と玉ねぎを混ぜ合わせたドレッシングにつける事によって生臭さが紛れて食べやすくなります。

このように酢は野菜や魚との相性がよく、それぞれでは口に入れにくいというマイナス面を補い合ってプラス面に変えていくことが出来るのです。

コンビニで定番のドレッシング

コンビニにはサラダにかけるドレッシングが陳列されており、どのコンビニに行っても大体置かれている定番のドレッシングと言うものがあります。

それは、

  • 和風ドレッシング
  • 焙煎ごまドレッシング
  • ノンオイルドレッシング 青じそ
  • ごま中華ドレッシング
  • フレンチドレッシング

です。

どれも原材料に醸造酢が使用されており、やはり酢と野菜は相性が良くて万人受けする組み合わせと言う事が分かります。

インターネット検索でヒットした口コミでも「コンビニのフレンチドレッシングがウマ過ぎて太りそう。」という方がいたり、「夏の暑い日に食べるサラダには青じそドレッシングがピッタリで、美味しいし食欲もわくから絶対オススメ!!」というような高評価のコメントが目立っていました。

サラダにドレッシングと言うのは野菜の栄養と酢の有機酸を摂取するのにとても有効な方法ですが、過剰摂取は健康被害の原因となることもありますのでほどほどにしておきましょう。


スポンサード リンク