欧米風漬物のピクルスの概要

[スポンサード リンク]

日本では漬けものの漬け方の種類が豊富にあり、

  • 醤油漬け
  • 塩漬け
  • 砂糖漬け
  • 粕漬け
  • ぬか漬け
  • 味噌漬け
  • 辛子漬け
  • 甘酢漬け

など色々なものがあります。

ピクルスはこれらの漬け方の内の一つで、主にキュウリを漬ける方法として用いられています。

日本ではファーストフード店のマクドナルドのハンバーガーに入っている事で有名で、ハンバーガーに一緒に挟まれているトマトの甘味を引き立たせたり、他の食材が食べやすくなったりする効果があると言われています。

ピクルスは一般的に乳酸菌の働きを利用して酸味を引き出す発酵タイプのものが多いですが、発酵が苦手な方は乳酸菌の入っていないお酢に漬けたものも市販されているようです。

ピクルスの作り方

まずはじめにピクルス液を作ります。

【用意するもの】

  • 食酢
  • 砂糖
  • トウガラシ
  • ローリエ

食酢は米酢のような穀物酢でもリンゴ酢のような果実酢でも良いので、お好みで選択してください。

最近ではにんにくを入れたピクルス液も人気がありますので、にんにくが大丈夫な方は用意しておいてもいいでしょう。

ローリエは日本語で月桂樹の葉と呼ばれているハーブで、胃の調子を整えたり、リウマチや痛風の痛みを鎮める作用がある他、抜け毛防止にも効果があると言われています。

ピクルス液に使う食材がそろったら鍋に水を入れて食材を煮込み、沸騰させてから一旦冷めるまで待ちます。

冷めたピクルス液の中にキュウリ、ニンジン、トマトなどを入れたら冷蔵庫で冷やし、野菜にしっかり味がついたら完成です。

ピクルス液を作るのが面倒な方は、お酢メーカーのミツカンさんや飯尾醸造さんが販売しているピクルス液がありますので、そちらを代用すれば簡単にピクルスが作れます。


スポンサード リンク