合成酢の概要

[スポンサード リンク]

合成酢は原料を時間をかけて酢酸発酵させて作られたお酢(醸造酢)ではなく、元々ある酢酸や氷酢酸(高純度酢酸)に水や調味料を加えて味を調えたものです。

発酵を待たなくても良いので時間とコストを抑える事が出来ますが、その反面で醸造酢と比べられると栄養成分や有機酸などの含有量でどうしても劣ってしまうものがあり、一般消費者がよく行くスーパーなどではほとんどその姿を見ることはなくなりました。

現在の合成酢の用途としては主に業務用で、食事を提供したり食品を扱うような所で使われる事が多いようです。

その一方で沖縄では合成酢が市民権を得ており、醸造酢よりも好まれているようです。

合成酢の利用方法

合成酢は発酵食品ではないと言うだけで、調味料としては問題なく使えるものです。しかも醸造酢よりも製造コストがかかっていないので安く手に入れる事が出来ます。

しかし消費者からすれば体に入れるものですから、少しくらい値段が高くてもより安全で健康的なものを選びたいものです。その為現在では家庭料理の調味料として利用される事はほとんどありません。

ところが最近では合成酢の新たな使い道として、池の掃除やキッチンなどの水回りの掃除に利用され始めているようなのです。

合成酢に含まれている酢酸は水垢などのアルカリ性物質を分解する作用がありますし、もし間違って飲んだりしても問題はありません。

キッチン周りは食品を扱うようなところなのでなるべく洗剤は使わない方が良いですし、池に鯉や金魚などを飼っていれば生き物にやさしい中和剤としての役割も果たす合成剤は、掃除用品としてとても適しているということが認識されてきたのです。

地球環境が大きな問題となっている今、化学薬品に変わって合成酢のような環境に優しくて低コストで生産できるものへの関心が高まってきています。


スポンサード リンク